予防接種
 
肺炎球菌ワクチンとは


肺炎球菌ワクチンとは、肺炎球菌によって引き起こされるいろいろな病気(感染症)を予防するためのワクチンです。
従って、肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌以外の病原による病気(感染症)に対しては残念ながら予防効果はありません。肺炎を例にとると、肺炎の原因となる微生物には各種細菌やウィルスなど、たくさんの種類があります。
しかし、肺炎球菌は、その中で最も重要な位置を占めている細菌です。
インフルエンザウィルスに多くの種類があるように、肺炎球菌には多くの種類があります。このワクチンは、1回の接種でいろいろな型に効くようにつくられています。

次のような方に肺炎球菌ワクチンの接種をおすすめします。

  • 高齢者(とくに65歳以上の方)
  • 心臓や呼吸器に慢性疾患のある方
  • 腎不全や肝機能障害のある方
  • 糖尿病の方
  • 脾臓摘出などで脾機能不全のある方・・・など


米国では、政府機関である疾患防疫センター(CDC)等より同様の方々に対して肺炎球菌ワクチンの接種が勧告されております。

ワクチン接種に際して

肺炎球菌ワクチン接種後の副反応(副作用)として、注射部位の腫れや、痛み、ときには軽い熱がみられることがありますが、日常生活に差支えるほどのものではありませんし、1〜2日でおさまります。多くのデータにより安全に接種できることが確認されています。
ただし、過去にこのワクチンを受けたことのある人は、再接種(2回目の接種)は出来ません。
戻る
 
Copyright (C) 2004 Kamata Internal Medicine Clinic. All Rights Reserved.